スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

桃太郎さんの帯、お誂え♪

掲載のご了承をいただきました、お誂え帯のご紹介です。

「桃太郎さんの荷車を」
「当工房の火焔太鼓の柄のようなかっちり古典的な感じで」
「宝尽しを詰めて」
「前柄の関東巻側には猿、犬、雉」
「関西巻側には汎用性のある宝尽くし」
「地色は春らしい感じでお任せ」
「着て行くのは主に観劇(もちろん桃太郎♪)」

というご注文でした。
桃太郎さんの荷車を図案に!
初めてです。
でも、当工房の火焔太鼓や宝尽くしの雰囲気で、とお伝えくださったので、すんなりとイメージが湧きました。

kaenndaiko3brog.jpg

20130331_c7f47a.jpg

合わせる予定のお着物を伺うと、

「帯にお着物を合わせます」

とのこと。
それでは心おきなく図案作りです♪
とはいえ、他の制作のいろんな工程が次々に巡ってくるなか、じっくりと時間をかければいくらでもかけてしまう図案作りはそうすんなりとは進みません。
ここが一番大事なところなので、焦らず時間の許すかぎり気のすむまで取り組みます。
だいぶお待たせした末に一度図案をお送りし、OKをいただきましたが私自身気に入らないところがあったので描き直してまたお送りし。。

その間も、細かいところのご希望をメールで確認していきます。
例えば幟に何を書くか?とか、犬猿雉はどんなタッチで描くか?とか。。
商品としてプロの方からのご依頼の際は、細かく細かく打ち合わせてイメージを彫り上げていきますが、一般のお客様の場合はざっくりとしたイメージを伺ったらできるだけ具体的にイメージしやすい形でご提案し、細かいところは私が判断したり、迷ったらやはり伺ったり。。

メールであっても、打ち合わせを重ねるうちにそれぞれのお客様との呼吸が自然とできあがっていきます。
だんだん他人とは思えなくなってまいります(笑)
合気道のお稽古をしていると、同じだなあといつも感じます(^ ^)

m1.jpg

m2.jpg

m3.jpg

図案が完成したら、制作は一気に進みます。
一気に進みすぎて、写真を撮るのをいつも忘れてしまうのですが。。

青花という後に消える染料(もとは露草の汁)で下絵を描き、
m4.jpg

伸子という竹製の棒で生地をぴんと張り、もち米とヌカと塩でできた糊に亜鉛を混ぜて糸目を置き、
m5.jpg

画像がありませんが、生地を長く張り、糊がだびない(溶けすぎてふやけない)湿度を見計らってふのりを煮て溶かした液体で地入れをし、
乾いたら友禅します。(色挿しのことを〝友禅する”と言います。)
m6.jpg

m7.jpg

糸目糊は、亜鉛が入っているせいで黒く見えます。
洗い流せば糊は無くなって白い線になって残ります。
線が黒いか白いかで印象はだいぶ変わります。
それを見越して色を調合し、時々裏から確認しながら友禅していきます。
m8.jpg

またまた写真を撮り忘れてますが、、
やはりもち米でできた糊で模様部分を伏せ、表面にヌカを撒いて安定させてちょうど良いところまで乾かし、いよいよ地染めです。
地色はいつも迷いどころ。。
色は乾けば変わり、蒸せば変わり、光源で変わり、これだけ地色が薄いと帯芯の白にも影響されます。
今回は、春らしい色でお任せとのことでしたので、先に「この色」と色見本を決めず、裏から図柄をながめつつ、春めいてきた房総の空をながめつつ、自由に調合しました。
画像は裏から見たところ。
地色が薄すぎて白にも見えますね。

m9.jpg

乾いたら1時間近く蒸し、洗い、乾かし、最後に顔料仕上げと金加工。
画像がだいぶとびました(^ ^;)
私が師匠から引き継いだ昔ながらの真糊友禅では、この仕上げ加工がとても重要です。
描き込みすぎて染色ならではの良さを損なわないよう気をつけながら、目に快感をあたえる表情を目指していきます。

m10.jpg

m11.jpg

仕上がってみると、このご依頼をいただくまでは思い浮かべもしなかった帯がそこにあります。

「あら、こんにちは(*^ ^*)」

といつも思います。

観劇のご予定にぎりぎり間に合ったようで、良かった~。





→染帯名古屋帯~マルニ友禅工房WEBショップ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
スポンサーサイト

お下がり小紋に黒地の鶯帯で♪

今日は茶道のお稽古。
今年初めて着物を着ました。
1月中は色無地か華やかな小紋にしようと思っていたのですが、今朝起きたらあんまり寒くて気力が無い。。
ほっこりした結城が着たい気分でしたが、所作がへたっぴなせいで膝元が乱れてしまうので、お稽古はやはり柔らかものが良く。。
低めのテンションに合わせて、叔母のお下がりの地味目な小紋を着てみました。

okeiko2016-1-24-1.jpg

角出しにしたくなる取り合わせですが、茶道なのでお太鼓で。

FullSizeRender.jpg

帯は自作の鶯。
大島の新古白生地に染めました。
パッと見は羽二重のようにも見えます。
この帯、去年の今ごろにもお稽古で締めてますね。
一年前なのに、ほんの五つ前の記事という。。(^ ^;)

茶道と言えば、昨年は市の文化祭のお茶会のお手伝いに伺いました。
お稽古歴通算十数年目にして初!
人前でお点前させていただいたのですー!!
隣町の文化祭にて盆略手前という、これ以上ない気軽なお点前でしたが、もの凄ーーく緊張しましたよ。

お着物は、、
「なんでも好きなものを着てらしてね♪」
とのこと。
社中の皆さまも気軽なお着物とのことで、私は小紋にしました。
テーマは、
「(失敗の許される)初心者らしさを前面に出す!」
やはりお下がりの小紋に綴れの帯を合わせて、小物合わせも着付けもとにかく真面目に。。

友人が撮ってくれたら、なんだかすらっと見える~\(^o^)/

bunkasai2016-1.jpg

二日目は、搬出作業でがんがん動けるように、汚れても目立たない、惜しくない黒地の小紋にしました。

bunkasai2016-2.jpg

ちなみに、一昨年の文化祭でのお運びはこちら。

ファイル_002

この年はお茶会のテーマが「さるかに合戦」♪でしたので、賑やかな楽しい~感じにしたいなと思ったのでした。

着物は、その場その場にぴたっとくる取り合わせを考えるのが楽しいですね(*^ ^*)
そしてここに上げた4枚の小紋は、どれも私の手元に来たのが20年以上前。
作られたのはもっと前でしょう。
着られる限り着て、染め変えたり、コートにや帯やお洋服や小物に変えたり、、最後の最後まで生かしたいものです。


→染帯名古屋帯~マルニ友禅工房WEBショップ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

「日本の繭から生まれる物語〜きかがくキカガク〜」

衣裳らくやさんのイベント、銀座かねまつホール「日本の繭から生まれる物語〜きかがくキカガク〜」、無事に終了いたしました。
とーっても盛況だったようです(^^)
寒い中ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。

今回私がお手伝いしたのは、秋月洋子さんデザインの帯が5本。
今回も、これぞ!という帯たちばかりでした。
こんな帯、他のどこにもありません♪

IMG_3724.jpg

IMG_3731.jpg

IMG_3908.jpg

IMG_3909.jpg

IMG_3729.jpg

IMG_3735.jpg

そして今回もやはり、「富岡こがね」という日本の繭で織られた生地を味わいました。
本当に良い生地なんです!
優しくて大らかで美しくて深みがあって。。。
生地に助けられた部分もたくさんありました。
地紋の入った「富岡紋織」も素敵なんですよ~。
「富岡紋織」の紺の色無地、いつか欲しいなあ。。❤


→染帯名古屋帯~マルニ友禅工房WEBショップ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

衣裳らくやさんのイベント開催中♪

ただ今開催中のイベントのお知らせです。

銀座かねまつホールにて、衣裳らくやさんの新春恒例イベントが始まっています。
らくやさんオリジナルの純国産の白生地をベースに、石田節子さん秋月洋子さん斉藤房江さんの人気着物スタイリストさん3人がそれぞれ作った一点物の着物と帯が並びます。
今回は、着物、帯と合わせて44点ものオリジナル一点ものが生まれました。
珠玉の逸品揃いです!
私は秋月さんの帯を5本、お手伝いいたしました。
お三方がそれぞれの着物や帯、小物を使ってのスタイリング対決が常時繰り広げられるとのこと、楽しみです〜♪

他に、日本各地の反物、帯、小物も大集結、結城紬の地機織と手組組紐の実演もあります。
今日14時からは、石田節子さんと泉織物代表泉太郎さんとのトークショー。
お近くの方はぜひ行かれてみてくださいませ。
私は松屋銀座の「白洲正子ときもの」展とはしごしようかな♪

1月17日(火)まで
11:00~20:00(最終日のみ17:00まで)
銀座かねまつホール5Fにて
らくやさんのブログ↓
http://www.rakuya.co.jp/staffblog/

寒気が強く、雪もたくさん降っているようですね。
どうぞ皆さまご自愛くださいますよう。

IMG_37201.jpg

IMG_37221.jpg

IMG_37261.jpg

IMG_37251.jpg

IMG_37271.jpg


→染帯名古屋帯~マルニ友禅工房WEBショップ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

謹賀新年

あけましておめでとうざいます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

またすっかり間が空いてしましましたが、新年恒例(?)ブログをしっかり更新しようかと懲りずに心を新たにしております♪

酉年にちなんで、少し前のことですが、お客様の紬の色無地に合わせるための八掛と帯のお誂えのご紹介です。
その色無地は、梅の樹皮で染められたという、淡くて優しいとても美しい地色の紬でした。
そして、地模様もなんとも味わいのある。。
その草木染色無地のお着物に合わせて、梅の枝の八掛と鶯の帯をご希望とのご注文でした。

八掛は、

勅なれば いともかしこし 鶯の 宿はと問はば いかが答えむ      

の歌にちなんで、
「花も葉もない梅の枝に文を結んでほしい」
とのご依頼でした。
花の無い梅の枝、、、染めたことがありません。
花の付いた梅の枝なら、私の中でほとんど定型化された文様として数えきれず染めてきましたが。
梅特有のごつごつした老木の枝なら花が無くても梅らしさを出しやすいですが、お客様のご希望はふんわりとさりげなく、優しげな枝でした。
そう描いてみると、何の木が分からない枯れ枝のようになってしまう。。。
八掛ならではの縛りもあります。
歩いてちらっと見えるような位置に、そうして見えた時にバランスの良い構図で、しかも縁のぼかしにかかった分はあまり見えない。。

途中でようやく気づきました。
そういえば、花と葉が無いと言っても、2つの季節があり得る。
花が落ちて新緑が芽吹く寸前の春か、もしくは蕾が膨らむ寸前の秋冬か。
どちらの季節かで、印象がだいぶ違ってきます。
伺うとお客様のご希望は、花と希望を内に秘めた秋冬の枝でした。
ならば、小さな花芽にわずかに紅を入れると、ぐっと表情が出てきます。

次は文。
こちらも文様として定型化されていることもあり、私が最初に描いたのはだいぶかっちりとした文でした。
もっと柔らかく、とお客様のご希望を伺っても、なかなか自分の定型から抜け出せず。。
しまいにお客様が自ら手描きのスケッチの画像を送ってくださり、それを拝見して、ああ!そういうことね!と一気に納得したのでした。

打ち合わせの時、お客様によっては、作り手としての私にお気遣いくださって図案の訂正をご遠慮なさっているように感じることがたまにあります。
お誂えでなく自分の作品として制作する場合はもちろん私の自由に染めます。
が、せっかくのお誂えならば、ご納得のいくまで何度でも、何でもご遠慮なくご希望をお伝えいただくのが一番ありがたいです。
私は私で染め手の立場から、
「こういう理由でそれはやめた方が良いと思う」
「他にこういう方法もある」
などなど、遠慮なく申し上げます。
そうして打ち合わせを重ねて染めあげると、私だけの中にはけして無かった新しい染に出会うことになります。
生前の大師匠の、
「昔の職人は着道楽のお客に育てられた」
という言葉を思い出します。
ご健在の合気道師匠の、
「丹田で人に向かう、肚を開いて人に向き合う」
という言葉も思い出します。

そして、この八掛には、勅なれば、、、の歌と、もうひとつ別のテーマがありました。
幼い日のお客様が、今は亡きお母様と行った思い出の梅園。
そして、病気によって全伐採となってしまった梅園。。
(余談ですが、造園家高田宏臣さんが診てくだされば良いのに。。T T)
お客様にとって梅の木は特別なものであり、だからこそ梅染めのお着物をもとめられ、それに合わせた八掛と帯をご注文くださったのでした。
色褪せた、けれど色あざやかな、思い出の梅園のお写真もお送りくださいました。
そのお話を伺って、具体的に何かを染めに落とし込めるか?というと、そう簡単にはいきません。
ただ最初から最後まで、私はそのイメージの中に浸っていました。
そして、最後の仕上げに結び文のアウトラインを薄墨で入れた時、ふと湧いてきた思いがありました。

この文を開けたら、何が書いてあるんだろう?

私には、それを読むことはできません。
でもきっと、始めから書かれていたものが、そのままここにあるように感じました。
なぜなら、私はたぶん邪魔をしていないから。
お誂えの時に無意識に透明になろうなろうとするのは、こういうことなのかなと漠然と感じました。

matsuzakisamahakkake1.jpg

matsuzakisamahakkake2.jpg


帯は鶯。
生地から選んでいただき、地色も吟味し。
前柄には、やはりお客様が自らのスケッチを送ってくださったのを参考に、もやもや~とした梅園の遠景を染めました。

matsuzakisamaobi.jpg


たまに書くと長くなりますね(^ ^;)
お誂えでは、だいぶお待たせしてしまうこともあり、本当に申し訳ありません。
ひとつひとつ、向き合っております。
そして今年は、自身の新作ももう少しコンスタントにお見せできるようはりきっております。

本年も、マルニ友禅工房をどうぞよろしくお願いいたします。
皆さまも幸多き一年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。


マルニ友禅工房 鈴木三千絵

→染帯名古屋帯~マルニ友禅工房WEBショップ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
 | HOME | OLD »»

*マルニ友禅工房*

*カテゴリー*

*最新記事*

*最新コメント*

*メールはこちらへ*

*リンク*

*カレンダー*

*過去の記事*

*最新トラックバック*

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。