FC2ブログ

オーダーメイドの振袖

またすっかりご無沙汰してしまいました。

ありがたいことにお誂えのご注文を多くいただき、相変わらず毎日染めと向き合っています。
今頃ですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、昨日は成人の日でしたね。
昨日一昨日と、各地で成人式が行われたことと思います。
昨年のものですが、ご注文をいただいてマルニが制作した振袖をご紹介しようと思います。

白鷺のようにすらりとしたお嬢様のために描いたデザイン画は5枚。
ご本人とお母様お祖母様のご希望に沿って、2枚のデザイン画の地色と図柄を組み合わせて制作しました。

IMG_4662.jpg

IMG_4666.jpg

地色とおおまかなデザインが決まると、実際に図案を起こしていきます。
紐のバランスを見ながら、描いては消し。。。

IMG_5163.jpg 

お嬢様のイメージを想いながら、淡く優しく透明感のある色を選び、本金の上品な輝きをたっぷり添えました。

IMG_5184.jpg 

IMG_5699.jpg 

IMG_5186.jpg 

IMG_5187.jpg 

IMG_5189.jpg 

長襦袢は、白か紅かで迷った末、紅色に。
帯は、前撮りでは黒地の帯に赤い小物。
成人式では淡い桜色の帯に白い小物を合わせました。

IMG_6038.jpg 

IMG_5401.jpg

IMG_5399.jpg

藤色は写真で色を出すのが難しいですね。。
藤色一色なのに、裾がブルーのぼかしのように写ってしまいました。

IMG_5402.jpg 

IMG_5400.jpg 
  
大好きなお祖父様お祖母様に挟まれて、お幸せそうです。

マルニも、お父様お母様、お祖父様お祖母様、そしてお兄様やご親戚、お友達の皆様の優しい愛情を、この振袖に注ぎ込むつもりで制作しました。
制作の間中、マルニの心はずーっとこのお嬢様とともにあったので、纏われたお写真を拝見したら、”ああ、私が包んでいる、、”という錯覚を覚えてしまったのでした。
それはとても幸せな体験でした。
一度でも多く、長くまとっていただけたらいいな。。
藤色に飽いたら濃紫に染め替えて。
最後は黒地に。。
振袖が不要になったら、袖を落として訪問着として着ていただいたり。
やがて羽織になったり、幼子の着物になったり、帯になったり。
それも過ぎたら、袋物や小物になったり。。。
この布の遠い未来を思い描く時、未来のこのお嬢様が幸せでありますようにという願いが、同時に沸きあがってくるのです。

日本の、世界のすべての新成人の皆様の未来が、どうか幸せに包まれていますように。





→染帯名古屋帯~マルニ友禅工房WEBショップ
→Facebook

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
スポンサーサイト



白珪なお磨くべし この言は緇を為し易し

ご無沙汰しております。
台風の被害は、皆さま大丈夫でしたでしょうか。。。

もう九月ですね。
昨日、久しぶりに茶道のお稽古にまいりました。
夏休みはまるまるお休みし、九月の最初のお稽古に伺うと、身体と心からふーっと力みが抜けていくのを感じます。
夏が、夏休みが、終わった。。。

昨日は先生のご提案で、叔母にもらった茶箱を持参して卯の花手前を教えていただきました。
以前にも教えていただいたはずなのに、すっかり忘れている(T T)

IMG_8566.jpg

IMG_8561.jpg

お点前の途中、ああ、夏が身体から抜けていく、、、と感じたとたん、はっとお軸のことを思い出しました。
数年前もたしか、夏休みが終わって最初のお稽古の日にこのお軸だったなあと。

IMG_8565.jpg

ブログにも書いた気がして見直したら、4年前でした。
http://maru2yuzen.blog45.fc2.com/blog-entry-260.html

そうだったな。。。
先生は何もおっしゃらないけれど、何でも分かってらっしゃるような気がしました(*^ ^*)
その先生の今日のお召し物は、萩と虫籠の模様の、ぼかしの単衣でした。

IMG_8563.jpg

見えにくいですが、虫篭の紐や萩のところどころにたっぷりと刺繍が入っています。
あんまり素敵で、お会いしたとたん、わ~~~!❤と思わず声が出ました。
お母様のお若い頃のお下がりなのだそうです。
「私の一番のお気に入りの着物です」と微笑まれて、なぜか私もとてもとても嬉しくなりました(*^ ^*)


さて、夏の間もたくさんの帯を染めましたよ。
最後のスパートは「れん」の新作2018秋冬4本。
相当前からのご依頼だったのに、結局またまたぎりぎりに。。(汗)
でも秋月洋子さんの感性ならではの、特別な帯達に仕上がりました。
そして昨日からまた気持ちを新たに、お待たせしているお誂え帯にとりかかっています。
一点一点しっかりと取り組んでおりますので、どうぞあと少しお待ちくださいますよう、お願いいたします。

ではでは♪

→染帯名古屋帯~マルニ友禅工房WEBショップ
→Facebook

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
2018年09月05日 | Comments(1) | Trackback(0) | 茶道のお稽古

ワークショップ終了しました♪

マルニ友禅工房型染ワークショップ、昨日無事に終了いたしました。
いらしてくださった皆さま、本当にありがとうございました♡

マルニは作務衣代わりの綿麻しじらで。
今回のワークショップで染めていただける半衿と麻の八寸帯です(^ ^)
中は衿付きの麻半襦袢を筒袖のまま、ステテコにサボを履いて。
作業着なので快適なら何でもありです。

IMG_8328.jpg

やり方をざっと説明したら、練習用の生地に各々お好きな型で試し染め。
最初はにじんだりしても、だんだん皆さんコツをつかんでいかれます。
こちらの方は精製インド藍ペーストで。
上手い!
試し布の時点で、ご自分で配置を考え、ぼかしを入れて、にじむことも無くキレのある仕上がりです。

IMG_8270.jpg

こちらは柳の型をいろんな色で試してから、いざ半衿へ。
生地は近江縮です。

IMG_8272.jpg

皆さん、どんどん集中していかれるのが見ている私にも伝わってきます。
ものづくりの醍醐味です。

IMG_8276.jpg

IMG_8275.jpg

一番先に仕上がったのは小学生の姉妹。
このお二人は、どんどん自分で考え、工夫し、ものすごく情熱的に自由に楽しんでくれていました。
嬉しかったなあ。。。

IMG_E8308.jpg

IMG_E8310.jpg

千鳥の型をクマちゃんの横顔に見立てて、チューしてるんですよ!
可愛い。。
可愛すぎる。。(T T)
お家に帰ってから、試し布でお姉ちゃんはポーチを、妹ちゃんはお人形の洋服を作ったんだそうです。
アーティストです♡

男性も負けていません。
琳派の水面の型を選ばれて、「ピンクにしたいんです」と♪
洒脱なデザインで一世を風靡した光琳もあちらで喜んでいることでしょう(^ ^)

IMG_8288.jpg

麻のショールを選んだ方は、独特な感性です。
背紋のように、名物裂荒磯文様をどかんと。
裾には水面を。
マルニは個人的に大好きな感じでした。

IMG_8281.jpg

IMG_8286.jpg

そしてなんと、秋田からマルニの帯を締めていらして下さった方も♡
何度もメールでやりとりしていた方が実際に目の前に。。。
懐かしい恋人に再会したかのような、不思議な気持ちでした。
マルニの銀の雪文様紫紺色の帯に、青竹色のお着物が鮮烈で。
帯揚げ帯締め帯飾り、ショールのセレクトがなんとも素敵で。。。
そして割烹着で集中なさっているお姿が美しかった~。

IMG_8302.jpg

IMG_8298.jpg

IMG_8273.jpg

IMG_8297.jpg

この日のマルニからのプチプレゼントは、山形で1番狭いタルトのお店 ピィラッカ~piirakka tart&quiche~さんに作っていただいたチドリのクッキー。
美味しいのはもちろんですが、チドリの完成度が高い!
職人です。
気がちゃんとここに入っているのがよく分かります。

IMG_8364.jpg

染めの技法や今回の文様の歴史、意味合いなどもお伝えしたくて資料を作ってまいりましたが、ぜんぜん時間が無かった(^ ^;)
不手際ばかりでしたが、参加者の皆さまのおかげてマルニはとてもとても幸せな一日でした♡
手を動かして何かを生み出すということ。
勝ち負けじゃない、正解もない。
自分との対話。
自由。

〝布を染める”という喜びを共有してくださった皆さま、本当にありがとうございました。
次のテーマは「月の野」の予定です♪

型染めワークショップin山形、開催します♪

えーと、、、一年以上空いてしまいました(^ ^;)
こっそり再開いたします♪

さて、今日はワークショップ開催のお知らせです!

『マルニ友禅工房の図案を型で染める~水辺の文様~』
詳細はこちら→http://www.maru-2.jp/page/24

IMG_E8171s.jpg


型を使って簡単にマルニの図案が再現できちゃいます。
何種類かの型を組み合わせて、自由に配置し、色を考えて、ご自分だけの一点を作ってください。
お着物を着る方は近江ちぢみの半衿をどうぞ♪
柳ひと枝も良し、貝殻を散らすのも良し、チドリを飛ばすのも良し。。

IMG_E8154.jpg

そして麻八寸帯も!
マルニが染めたかのような帯が、あっという間にご自分でできちゃいます。
夏はやっぱり苧麻、そして八寸が楽ですよね❤

IMG_8140s.jpg

お着物を着ない方には、ランチョンマットや風呂敷、ミニトート、扇子などご用意しています。
男性もぜひどうぞ。
奥様へのプレゼントにもぴったりです。(^ ^)

IMG_81721s_20180622115435ab6.jpg

ハンカチ用のヘンプ布もあり。
ヘンプなら、、、ということで、インド藍ペーストで染めることもできます。

IMG_8173s_20180622115433086.jpg


型染めワークショップin山形は、月1回くらいを予定しています。
お近くの方、ご参加をお待ちしております❤

詳細はこちら→http://www.maru-2.jp/page/24


→染帯名古屋帯~マルニ友禅工房WEBショップ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

古典柄が大好きな方のための檜扇帯

またすっかり間が開いてしまいました。
少し前になりますが、お誂えのご紹介です。

「とにかく古典が好き!」とおっしゃる方のための檜扇帯。
古典と言ってもさまざまあり。。
自分の中でなんとなく出来上がっていた「古典」を、じっくり見直す制作でした。

図柄については、、
檜扇は古典文様の一つで、私もこれまで何度も染め、私なりの定型のようなものも出来上がっていました。
が、今回はそれを一度壊し、文様化された檜扇でなく本物の古い檜扇を1から見直しました。
檜扇ひとつ調べても、歴史、政治、思想、感性、、いろいろと表れてるものですね。
また必ずそこには、人間の「祈り」みたいな感覚が入っています。
そして衣類として図柄として、着る方に、着物に、場に沿うように再構築。
デザインなので、本物に近ければ良いということではけしてないのですが、例えば紐の色数とか要の形とか、、要所で本物に倣うと、私の浅知恵では絶対に出せない古典という時間の深みみたいなものを、お借りできるように感じます。



技法については、、
冴えた糸目糊の線の美しさが友禅染の真骨頂であり、ゴム糊でそれを引き継いだすっきりとした染めが、現代の友禅の主流かと思います。
私が師匠から受け継いだのは、もち米糊のやわらかい線に顔料仕上げを丁寧に施す染め。
現代ではあまり見なくなった染めですが、刺繍に通じるような?目に快感があるように感じます。



上品で端正な銀鼠の一越色無地に合わせてくださるそうです。




→染帯名古屋帯~マルニ友禅工房WEBショップ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
 | HOME | OLD »»

*マルニ友禅工房*

*カテゴリー*

*最新記事*

*最新コメント*

*メールはこちらへ*

*リンク*

*カレンダー*

*過去の記事*

*最新トラックバック*

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示