FC2ブログ

塩瀬黒地染帯『宝尽くし』

またまた大変すっかりご無沙汰しております。
いつものことですがびっくりするほど間が空いてしまいました💦
しかもこの度は、ご無沙汰している間に本当に思いもよらない状況となってしまいましたね。
今も日本中世界中に、苦しい思い、悲しい思い、寂しい思い、やりきれない悔しい思いを抱えておられる方々がたくさんおられると思います。
どうか少しでも早く辛い状況が終わり、心愉しく幸せな気持ちが世界に溢れるよう祈っています。

新型コロナウィルスの蔓延が始まって以来、マルニ友禅工房もいろなことを考えました。
東日本大震災の時も、昨年の台風被害の時も考えたこと。

友禅なんてやっていて意味があるのだろうか?

人々が生きることに精一杯取り組んでいる時に、、と、社会に対する無力さを痛感します。
しかし毎回同じようにぐるぐると考えては、同じところに行きつく。
東日本大震災の後にいただいたいくつものメールから、教えられたこと。
それは私の染めた布から、喜び、愉しさ、幸せを感じてくださる方がいるということです。
それは作り手にとって何にも勝る滋養であり、薬です。
一人の市民として社会に対してできることをしつつ、一人の作り手として、誰かが幸せを感じてくれることに感謝しつつ、自分のためにも制作を続けていきたいと思っています。
人はパンのみにて生きるにあらず
人間にとって“生きる”とはなかなかに複雑ですね。
だからこそ面白い。

さて、そんな中お届けした塩瀬帯のご紹介です。

塩瀬黒地九寸染名古屋帯「宝尽くし」

11.jpg

最初は、犬張子の帯のご注文でした。

20141116_b099bd.jpg

“黒地の塩瀬帯が欲しいのです。
松竹梅のようなすっきりした柄が好みですが、松竹梅だと季節が限定されてしまうので。”
とのこと。

20170218_c33b26.jpg

それではより汎用性の高い黒地帯を、ということで、宝尽くしをご提案いたしました。
いかにもな宝尽くしでなく、白い蓑をメインにして色数を抑え、すっきりと洒脱さのある印象を目指しました。
仕上げの顔料描きがまた楽しいところ。
呼吸を整えて、筆先だけになったつもりで線を入れていきます。

22.jpg

『もう、何というか…涙が出そうなくらい素敵です。

宝づくしの一つ一つは愛らしいけれども、全体に品よくスタイリッシュ…。
色々な着物に合わせ長く締められると思います。生地も素敵な塩瀬で大満足です、ありがとうございました。
(母に見せたかったー!)
札幌もまだ夏日なのですが、秋になりましたら早速こちらの帯を締めてお茶の稽古に出かけます。』

この度も、こんな嬉しいメールをいただきました。
皆さまにいただいたメール、何度も読み返している自分に笑ってしまいます。
そして急に涼しくなった札幌で、この帯を締めてお稽古なさるお姿を妄想しております♥

ありがとうございました。



オーダーメイドの振袖

またすっかりご無沙汰してしまいました。

ありがたいことにお誂えのご注文を多くいただき、相変わらず毎日染めと向き合っています。
今頃ですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、昨日は成人の日でしたね。
昨日一昨日と、各地で成人式が行われたことと思います。
昨年のものですが、ご注文をいただいてマルニが制作した振袖をご紹介しようと思います。

白鷺のようにすらりとしたお嬢様のために描いたデザイン画は5枚。
ご本人とお母様お祖母様のご希望に沿って、2枚のデザイン画の地色と図柄を組み合わせて制作しました。

IMG_4662.jpg

IMG_4666.jpg

地色とおおまかなデザインが決まると、実際に図案を起こしていきます。
紐のバランスを見ながら、描いては消し。。。

IMG_5163.jpg 

お嬢様のイメージを想いながら、淡く優しく透明感のある色を選び、本金の上品な輝きをたっぷり添えました。

IMG_5184.jpg 

IMG_5699.jpg 

IMG_5186.jpg 

IMG_5187.jpg 

IMG_5189.jpg 

長襦袢は、白か紅かで迷った末、紅色に。
帯は、前撮りでは黒地の帯に赤い小物。
成人式では淡い桜色の帯に白い小物を合わせました。

IMG_6038.jpg 

IMG_5401.jpg

IMG_5399.jpg

藤色は写真で色を出すのが難しいですね。。
藤色一色なのに、裾がブルーのぼかしのように写ってしまいました。

IMG_5402.jpg 

IMG_5400.jpg 
  
大好きなお祖父様お祖母様に挟まれて、お幸せそうです。

マルニも、お父様お母様、お祖父様お祖母様、そしてお兄様やご親戚、お友達の皆様の優しい愛情を、この振袖に注ぎ込むつもりで制作しました。
制作の間中、マルニの心はずーっとこのお嬢様とともにあったので、纏われたお写真を拝見したら、”ああ、私が包んでいる、、”という錯覚を覚えてしまったのでした。
それはとても幸せな体験でした。
一度でも多く、長くまとっていただけたらいいな。。
藤色に飽いたら濃紫に染め替えて。
最後は黒地に。。
振袖が不要になったら、袖を落として訪問着として着ていただいたり。
やがて羽織になったり、幼子の着物になったり、帯になったり。
それも過ぎたら、袋物や小物になったり。。。
この布の遠い未来を思い描く時、未来のこのお嬢様が幸せでありますようにという願いが、同時に沸きあがってくるのです。

日本の、世界のすべての新成人の皆様の未来が、どうか幸せに包まれていますように。





→染帯名古屋帯~マルニ友禅工房WEBショップ
→Facebook

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

古典柄が大好きな方のための檜扇帯

またすっかり間が開いてしまいました。
少し前になりますが、お誂えのご紹介です。

「とにかく古典が好き!」とおっしゃる方のための檜扇帯。
古典と言ってもさまざまあり。。
自分の中でなんとなく出来上がっていた「古典」を、じっくり見直す制作でした。

図柄については、、
檜扇は古典文様の一つで、私もこれまで何度も染め、私なりの定型のようなものも出来上がっていました。
が、今回はそれを一度壊し、文様化された檜扇でなく本物の古い檜扇を1から見直しました。
檜扇ひとつ調べても、歴史、政治、思想、感性、、いろいろと表れてるものですね。
また必ずそこには、人間の「祈り」みたいな感覚が入っています。
そして衣類として図柄として、着る方に、着物に、場に沿うように再構築。
デザインなので、本物に近ければ良いということではけしてないのですが、例えば紐の色数とか要の形とか、、要所で本物に倣うと、私の浅知恵では絶対に出せない古典という時間の深みみたいなものを、お借りできるように感じます。



技法については、、
冴えた糸目糊の線の美しさが友禅染の真骨頂であり、ゴム糊でそれを引き継いだすっきりとした染めが、現代の友禅の主流かと思います。
私が師匠から受け継いだのは、もち米糊のやわらかい線に顔料仕上げを丁寧に施す染め。
現代ではあまり見なくなった染めですが、刺繍に通じるような?目に快感があるように感じます。



上品で端正な銀鼠の一越色無地に合わせてくださるそうです。




→染帯名古屋帯~マルニ友禅工房WEBショップ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

桃太郎さんの帯、お誂え♪

掲載のご了承をいただきました、お誂え帯のご紹介です。

「桃太郎さんの荷車を」
「当工房の火焔太鼓の柄のようなかっちり古典的な感じで」
「宝尽しを詰めて」
「前柄の関東巻側には猿、犬、雉」
「関西巻側には汎用性のある宝尽くし」
「地色は春らしい感じでお任せ」
「着て行くのは主に観劇(もちろん桃太郎♪)」

というご注文でした。
桃太郎さんの荷車を図案に!
初めてです。
でも、当工房の火焔太鼓や宝尽くしの雰囲気で、とお伝えくださったので、すんなりとイメージが湧きました。

kaenndaiko3brog.jpg

20130331_c7f47a.jpg

合わせる予定のお着物を伺うと、

「帯にお着物を合わせます」

とのこと。
それでは心おきなく図案作りです♪
とはいえ、他の制作のいろんな工程が次々に巡ってくるなか、じっくりと時間をかければいくらでもかけてしまう図案作りはそうすんなりとは進みません。
ここが一番大事なところなので、焦らず時間の許すかぎり気のすむまで取り組みます。
だいぶお待たせした末に一度図案をお送りし、OKをいただきましたが私自身気に入らないところがあったので描き直してまたお送りし。。

その間も、細かいところのご希望をメールで確認していきます。
例えば幟に何を書くか?とか、犬猿雉はどんなタッチで描くか?とか。。
商品としてプロの方からのご依頼の際は、細かく細かく打ち合わせてイメージを彫り上げていきますが、一般のお客様の場合はざっくりとしたイメージを伺ったらできるだけ具体的にイメージしやすい形でご提案し、細かいところは私が判断したり、迷ったらやはり伺ったり。。

メールであっても、打ち合わせを重ねるうちにそれぞれのお客様との呼吸が自然とできあがっていきます。
だんだん他人とは思えなくなってまいります(笑)
合気道のお稽古をしていると、同じだなあといつも感じます(^ ^)

m1.jpg

m2.jpg

m3.jpg

図案が完成したら、制作は一気に進みます。
一気に進みすぎて、写真を撮るのをいつも忘れてしまうのですが。。

青花という後に消える染料(もとは露草の汁)で下絵を描き、
m4.jpg

伸子という竹製の棒で生地をぴんと張り、もち米とヌカと塩でできた糊に亜鉛を混ぜて糸目を置き、
m5.jpg

画像がありませんが、生地を長く張り、糊がだびない(溶けすぎてふやけない)湿度を見計らってふのりを煮て溶かした液体で地入れをし、
乾いたら友禅します。(色挿しのことを〝友禅する”と言います。)
m6.jpg

m7.jpg

糸目糊は、亜鉛が入っているせいで黒く見えます。
洗い流せば糊は無くなって白い線になって残ります。
線が黒いか白いかで印象はだいぶ変わります。
それを見越して色を調合し、時々裏から確認しながら友禅していきます。
m8.jpg

またまた写真を撮り忘れてますが、、
やはりもち米でできた糊で模様部分を伏せ、表面にヌカを撒いて安定させてちょうど良いところまで乾かし、いよいよ地染めです。
地色はいつも迷いどころ。。
色は乾けば変わり、蒸せば変わり、光源で変わり、これだけ地色が薄いと帯芯の白にも影響されます。
今回は、春らしい色でお任せとのことでしたので、先に「この色」と色見本を決めず、裏から図柄をながめつつ、春めいてきた房総の空をながめつつ、自由に調合しました。
画像は裏から見たところ。
地色が薄すぎて白にも見えますね。

m9.jpg

乾いたら1時間近く蒸し、洗い、乾かし、最後に顔料仕上げと金加工。
画像がだいぶとびました(^ ^;)
私が師匠から引き継いだ昔ながらの真糊友禅では、この仕上げ加工がとても重要です。
描き込みすぎて染色ならではの良さを損なわないよう気をつけながら、目に快感をあたえる表情を目指していきます。

m10.jpg

m11.jpg

仕上がってみると、このご依頼をいただくまでは思い浮かべもしなかった帯がそこにあります。

「あら、こんにちは(*^ ^*)」

といつも思います。

観劇のご予定にぎりぎり間に合ったようで、良かった~。





→染帯名古屋帯~マルニ友禅工房WEBショップ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

「日本の繭から生まれる物語〜きかがくキカガク〜」

衣裳らくやさんのイベント、銀座かねまつホール「日本の繭から生まれる物語〜きかがくキカガク〜」、無事に終了いたしました。
とーっても盛況だったようです(^^)
寒い中ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。

今回私がお手伝いしたのは、秋月洋子さんデザインの帯が5本。
今回も、これぞ!という帯たちばかりでした。
こんな帯、他のどこにもありません♪

IMG_3724.jpg

IMG_3731.jpg

IMG_3908.jpg

IMG_3909.jpg

IMG_3729.jpg

IMG_3735.jpg

そして今回もやはり、「富岡こがね」という日本の繭で織られた生地を味わいました。
本当に良い生地なんです!
優しくて大らかで美しくて深みがあって。。。
生地に助けられた部分もたくさんありました。
地紋の入った「富岡紋織」も素敵なんですよ~。
「富岡紋織」の紺の色無地、いつか欲しいなあ。。❤


→染帯名古屋帯~マルニ友禅工房WEBショップ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
 | HOME | OLD »»

*マルニ友禅工房*

*カテゴリー*

*最新記事*

*最新コメント*

*メールはこちらへ*

*リンク*

*カレンダー*

*過去の記事*

*最新トラックバック*

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示