FC2ブログ

紅天女。。。

コットンレースの長襦袢と言えば。。。

この夏に山形の実家で見つけた祖母の夏襦袢2つ。

↓ 紗?
nagajuban1.jpg

と、↓ 絽。
nagajuban2.jpg

ステキなんですよ~。
紗の襦袢って、最近見ないですよね。
あ、でも最近よく聞く未来襦袢って紋紗かな?
ぜったい絽より涼しそうですよね。

絽の方は、ブルー濃淡の小紋柄がなんとも涼やかです。

でも、どちらもとても小さいし、かなり汚れてる。。。
なので、2つを合わせて1枚の襦袢に再生しようかと!

まずは
それぞれ解き
  ↓
反物状に縫い直し
  ↓
よく洗い
  ↓
染め直し
 長襦袢だけに、草木染にしようかな?
 ムラになったり色が褪せても少しくらい平気だし、
 肌に近いから、ヨモギやビワなど薬効成分のあるものもいいな♪
  ↓
湯のし
  ↓
仕立て 
 絽を袖など見えるところへ、見ごろは紗にしたら涼しいかな♪

などなど、ご機嫌で計画を立てていたのです。

が、解いていて、なんとな~く素材に疑問が・・・。
糸状にとって燃やしてみると、なんとも微妙・・・。
匂いは絹のような・・・、でも燃え方は化繊・・・。
混紡か?
祖母は明治生まれだけど、化繊や混紡の長襦袢っていつ頃からあったんだろう。。。
う~む、分からないけど、絹100%でないことは間違いない気がする。

素材が違えは染料や染め方も違ってくるし、化繊なら、わざわざ手を掛けて再生するのもな~、暑いだろうしな~。
ということで、止まってしまっております。
何か分かる方いらしたら教えてくださいませ。

で、実はもうひとつ、実家に夏用の長襦袢があったのですよ。

↓ こちら
katsugi1.jpg

何だか分かりますか?
普通は襟が後ろに抜けるように仕立ててあるのに、こちらは逆にぐっと前に襟が付いているのです。

↓ そう!紅天女!(中身はおばば様です)
katsugi2.jpg

実家の方では、「かつぎ」と呼ぶそうです。
正式には、「衣被(きぬかつぎ)」じゃないかなあ?
里芋のアレの名の元になっている。。。

「こだなあるあてしゃねっけ~」
(*こんなものがあるなんてしらなかったわ~)

と、おばば様こと母も驚いておりました。
実家の辺りでは、その昔、葬儀では喪主夫婦は白装束だったそうです。
これら夏襦袢の持ち主であった祖母の葬儀では、もうその習慣もだいぶ廃れていましたが、父母は白を着ました。
その情景は脳裏に焼きついており、そのことは、先日のArt Editorさんのコラムにも書かせていただきました。
→愛しき布

※↑コラムの文章に間違いがありました!
「帯揚げ帯締めから草履までぜんぶ白」  ×
→足元は白の草履ではなくて、〝わらじ”でした!
白い草履とわらじじゃ大違いですね。
本物のピースがはまったようで、なんだかとても嬉しい。。
コラムではもう修正できなくて残念だけど。



母がご近所で聞いたところ、もっと昔には白装束にさらに白い「かつぎ」を被ったらしいとのこと。
絽だからやっぱり夏ですよね。

セミが鳴きしきる真夏の田んぼの中の、葬儀の列。
先頭辺りに、白装束の紅天女(みたいな。)

二度と見ることのないその情景を想像して、一時ぼーっとしてしまいました。

ちなみにこの6月の父の葬儀で、母はまた白を着ましたよ。
かなり珍しがられていました。
疲れすぎてテンションがおかしくなっていた母は、何かと言えば
「密葬だ~!密葬~!」
と叫んでいましたが(笑)。
叔母達に
「お父さんの時もお母さんの時も白を着て、婿ん時に着ないんじゃ・・・」
となだめられ。

姉と二人で何とか白装束を引っ張り出し、
「・・・黄ばみ過ぎじゃない?」
「白髪でこれ着たら、おばば狂乱!だよね・・・」
「小物だけ新しい生成りのに変えたらすっきりするんじゃない?」
などなど、あれこれ手配いたしました。

とってもと~っても、(誰だか分からないくらい)ステキなおばば様になってましたよ♪




~染帯*名古屋帯~マルニ友禅工房

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

昨日のお着物

さて、続いて昨日のお着物です。
と言ってもかなりやっつけの・・・。

サマーウールの着物に独鈷の半幅帯を、お稽古なので背中に沿うカルタ結びに。
短めで心もとなかったので、帯締めも締めました。

kimono3.jpg

かな~り民芸茶屋の雰囲気ですね・・・。
でもこういう素直な着方も、お稽古ならではと思うと楽しいものです。

↓ 着る人によっては、こうなるのか・・・?(T T)。

tannbaakiko.jpg
「髪」 丹波阿樹子

それにしても、サマーウールって単衣頃に着ると認識しておりましたが、違ってますか?
盛夏には暑い気がするし(まあ何着てもだろうけど)、でも9月に着るにしてはかなり透けるんですよね。
物にもよるのでしょうが。
梅雨寒の頃なんてちょうど良いのかしら・・・?

中の拵えはと言いますと、
↓ 干したばかり、お見苦しくて恐縮ですが、汗取りのあしべ織にクレープステテコ。

kimono2.jpg

↓ 長襦袢は、可愛くて思わず買っちゃったコットンレース。

kimono1.jpg

麻のように涼しいわけでも、絹のように裾さばきが良いわけでもないけれど、気軽に着るには良い感じです。

飽きたら何色に染めようかな♪






~染帯*名古屋帯~マルニ友禅工房

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

お稽古 wih my boys!

昨日は2ヶ月ぶりのお茶のお稽古でした。
先日の親睦茶会でやる気もどーんとアップしたところでしたが・・・。

昼は予定があり、夜は夫の帰りが遅いということで、息子二人を連れてのお稽古となりました。
大丈夫かなあ・・・?
という不安もありましたが、久しぶりにお稽古したいし、先生は快くご了承くださるし、まあ良い経験だし、息子達は和菓子に釣られて「行きたい!」と言うし。
それと、あの黒くてごつい男児二人がしゃっちょこばって座ってるのもかなり面白そうだし(笑)。

子供って、場の空気に呑まれてこういう時は大人しくなるものですしね。
そしてさらに黙らせる手段として、母はお着物です(笑)。
今年の夏は、海!海!川!海!川!海!海!プール!海!・・・・という具合に体を張ってつき合ってまいりましたが、
「あなた達の知らないお母さんもいるのよ☆」
と、半開きの目でつぶやいてもみようかと。


まあ結果、とくに半開きにする必要もなく、先生とお仲間のおかげでとっても楽しいお稽古となりました♪
先生が細やかにあれこれとご配慮くださり、私が息子二人にお薄を立て、次には息子達にお薄を立てさせてくださいました。

まずは美味しい和菓子に大喜び。
可愛い宝尽くし型の和三盆は、隠れ蓑、宝珠・・・と先生がひとつひとつ教えてくださると、
「ママが染めてた~」
と。
よく見てるものですね。

そして母がお手前を始めると、じ~~~っと無言で見つめてきます。
袱紗さばきなんて、子供にとってはとても面白いのかもしれませんね。
少し薄めに立ててあげたら、二人とも美味しそうに吸いきってくれました(笑)。
吸いきり、教えたわけじゃないですよ。
そういえば、ジュースなど美味しい時は勝手にやってるんですね。
最後の最後まで飲みたいから(笑)

そして先生に優しく
「やってみたい?」
と聞かれると、
「やってみたい~!」
と。
4年の長男は私に、6才の次男は先生に、教えていただいて一所懸命お薄を立ててくれました。
先生と私が「美味しい美味しい」といただくと、二人ともモジモジ照れながらとっても嬉しそうでした。
北風と太陽を思い出しましたよ(笑)

そんな男児メインのお稽古でしたので、今日の覚え書きはお床の画像のみ。

sado1.jpg 


sado3.jpg
               sado2.jpg


これはこれは、秋野の風景ですね~。

ここらでは、空の高さや虫の声、風の匂いから、季節の微妙な移り変わりが感じられます。
とっても細かく、ミリ単位(?)の変化が、五感を通して染み込んでくるのです。
山形で過ごした子供の頃のように、それが毎日とてもわくわくするのです!

初夏は瑞々しく、晩夏には枯れた涼しさを、9月は6月と同じ単衣だけど色目は秋を感じさせ、10月には寂びて渋く、11月には錦の彩りを・・・。
日本の美意識は、季節に沿って本当に繊細ですね。

そして、季節は巡る。
移り変わって巡るからこその、無限の広がりと諸行無常。
そして、だからこその一期一会、一所懸命。


sado4_1.jpg     sado5_1.jpg

楽しいお稽古に可愛い写真、皆様ありがとうございました♪


~染帯*名古屋帯~マルニ友禅工房

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ




2012年09月05日 | Comments(0) | Trackback(0) | 茶道のお稽古

ねじりハチマキ効果

今日はまた少し残暑が戻ったようですが、調子づいてるので続けて更新です。
この暑かった夏に発見した、ねじりハチマキの効果について。

友禅染めの工程のひとつに、地染めがあります。
そのまんま、地色を染めること。

先に糸目を置き、色挿し、その模様の部分をもち米糊(糸目糊とは配分が違う)で覆い、ヌカを振りかけてあります。

IMG_8366.jpg


この、もち米糊で模様を覆ってヌカを振りかける工程を、伏せといいます。
なぜ伏せるかというと、模様に地色を入れないため。
糸目や伏せの糊がしっかり生地に食い込んでいないと、裏を通って地色が模様部分に入って大変なことになったり。

伏せ糊がちょうどよく乾くと(乾きすぎちゃ駄目)、長く張って地染めです。

IMG_8365.jpg

↑を裏から見ると・・・
IMG_8362.jpg


避けて染めれば?というと、そうはいきません。
なぜなら、刷毛の跡がムラになって残ってしまうから。

たとえば生地にポタッと染料を落としたら・・・?

それが乾いてしまったら、上から同じ色を染めても、まずシミになります。(黒等以外)
じゃあ乾く前だったら?
ポタッと落として3秒後に慌ててまわりも全部染めたら・・・、かなりあぶないですね。
色や生地によっては1秒で、というか落としてしまったら必ずシミになることもあります。

だから、地染めの作業はスピード勝負。
左に染料の入ったバケツを持ち、右手の刷毛をつねに動かしながら、染まったところと未だ染まってないところの境界を、1秒以内にまた染めていく感じです。
刷毛に染料を1回つけたら肩幅ほど進み、また染料を付ける際には境界線をぼかしておいて、超特急で戻ります。

マルニの師匠の口癖は
「(地染めん時は)親が死んでも手を止めるな」

「親が死んでも食休み♪」
とタバコくわえて寝転がる、っていうのもあったな・・・。

まあ、それくらい地染めの作業は、絶対集中スピード勝負の一発勝負な訳です。
地染め専門の職人さん(紺屋さんという)も未だ東京にもいらっしゃいますが、技術はさることながら、ものすごい精神力だと尊敬しております。

で、本題ですが、あ!その前にもうひとつ!
地染めは、乾きが早すぎたり、一部だけ先に乾いたりすると染料が寄ってしまうので、ゆっくりゆっくり全体同時に乾かねばなりません。
なので、扇風機も×。

で、ようやく本題ですが(笑)、地染め作業、とにかく暑いのですよ。
体全体を使って動くし。
暑いのは我慢するしかないとして、困るのは汗!
ポタンと落ちても困るし、目に入ると集中できなくてとても辛い。
顎は隙を見て肩で拭けますが、前述のような地染め作業中、目をこするなんてとてもできません。

そこでようやく登場、ねじり鉢巻の出番です!!!
今年は暑い最中の地染め作業が続き、ふと思い立って試してみたのです。

ものすご~く具合がいい・・・♪。

額の汗を止めてくれるのはもちろん、とにかくしゃきっとするんです。
ちょうど何か、ツボがあるんではないでしょうか?
暑くてだらけた意識がしゃきっとして、気合が入るのです。
まさに地染めにうってつけな感覚。
合気道で、帯を丹田にぐっと締めた時の感じにも似ています。

なるほどな~。
大工さんや鳶さんのお仕事にはぴったりだろうな。
そういえば紺屋のおじさんもいつもしてた気がする・・・。

昔の日本人は、こういう感覚をとても上手く利用していたんじゃないかと、妙に納得いたしました。
ちなみに、運動会の鉢巻みたいなぴったりしたのより、ねじるのが良いみたいです。
やはりツボ刺激か?

ということで、今年の夏はねじり鉢巻で染めまくりました♪
まあ、その姿を人が見たら画的にどうかというと、何とも言えませんが・・・。
大事なのは作品ですのでね!

いざ気合を入れよう!という時にはぜひお試しください。
あ、大事なのは思い込みですよ♪




~染帯*名古屋帯~マルニ友禅工房

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

湿度との戦い!

房総はなんだか急に涼しくなりました。

でも今年の夏は暑くてキツかったですね~!
暑すぎてブログが書けなかったと言っても過言ではないw。。。

この地方、東京と違って朝夕は涼しく過ごしやすいのですが、とても湿度が高いのです。
もち米糊を使うマルニにとって、湿度は非常に重要。
竹の先に針が付いた伸子(シンシ)という道具で生地を凧のように張り、もち米ヌカでできた糊に亜鉛を混ぜて、模様をなぞるように糸目を置きます。

goshoitome2.jpg


後で蒸して水元すると、防染されていた糸目が白い輪郭線となって残るのです。

それが乾くと、今度は長く張って、地入れ

norenziire_1.jpg 


地入れというのは、生地に糊っ気をもたせて染料の滲みを少なくするためと、糸目糊を溶かして生地に食い込ませるためのもの。
マルニは、ふのりという海草と大豆呉汁を使っています。

糸目というのは、堤防の役割をして染料の滲みを防ぐのですが、生地の表面にくっついているだけでは染料が裏を通って滲む(泣く、と言います)のです。
が、いつまでも地入れが渇かないと、今度は糸目糊が溶け過ぎて、ぶっと~いキレのない線になってしまうのです(ダビるという)。
さらには、糊に含まれている塩分が生地に溶け出し、そこにのちのち染料が溜まって濃くなっちゃって、目も当てられない。。。
針ほどの穴から固い糸目糊を絞り出しつつ、ひたすら集中して置き終えた糸目作業が、ぱーになってしまうのです。

そんなことにならぬよう、地味だけど責任重大なのが地入れ作業。

天気予報と湿度計をにらみ、せめて70%を下回ったら(夏場はなかなかない・・・)、ダビらないようにと祈りながら、地入れをするのです。

う~ん、この湿度との戦いが、この地域で真糊(もち米糊)友禅をやっていく上でのポイントですね。

え?エアコン?
ですよね~。
扇風機と除湿機はフル稼働してますが。。。
エアコン、今の借家では付けられないのです。
建設中の新宅&工房にはやはり必要ですね。

居住空間では、この地域なら今のところ、うちの人達には必要なさそうですが。


涼しくなったし、長男のダジャレ攻撃から開放されたしで、こんな(面倒な)記事もすらすら書けるではないか~。

友禅の工程にご興味のある方は、ホームページの*マルニ友禅工房のことも覗いてみてくださいね♪



~染帯*名古屋帯~マルニ友禅工房

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

*マルニ友禅工房*

*カテゴリー*

*最新記事*

*最新コメント*

*メールはこちらへ*

*リンク*

*カレンダー*

*過去の記事*

*最新トラックバック*

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示