FC2ブログ

湿度との戦い!

房総はなんだか急に涼しくなりました。

でも今年の夏は暑くてキツかったですね~!
暑すぎてブログが書けなかったと言っても過言ではないw。。。

この地方、東京と違って朝夕は涼しく過ごしやすいのですが、とても湿度が高いのです。
もち米糊を使うマルニにとって、湿度は非常に重要。
竹の先に針が付いた伸子(シンシ)という道具で生地を凧のように張り、もち米ヌカでできた糊に亜鉛を混ぜて、模様をなぞるように糸目を置きます。

goshoitome2.jpg


後で蒸して水元すると、防染されていた糸目が白い輪郭線となって残るのです。

それが乾くと、今度は長く張って、地入れ

norenziire_1.jpg 


地入れというのは、生地に糊っ気をもたせて染料の滲みを少なくするためと、糸目糊を溶かして生地に食い込ませるためのもの。
マルニは、ふのりという海草と大豆呉汁を使っています。

糸目というのは、堤防の役割をして染料の滲みを防ぐのですが、生地の表面にくっついているだけでは染料が裏を通って滲む(泣く、と言います)のです。
が、いつまでも地入れが渇かないと、今度は糸目糊が溶け過ぎて、ぶっと~いキレのない線になってしまうのです(ダビるという)。
さらには、糊に含まれている塩分が生地に溶け出し、そこにのちのち染料が溜まって濃くなっちゃって、目も当てられない。。。
針ほどの穴から固い糸目糊を絞り出しつつ、ひたすら集中して置き終えた糸目作業が、ぱーになってしまうのです。

そんなことにならぬよう、地味だけど責任重大なのが地入れ作業。

天気予報と湿度計をにらみ、せめて70%を下回ったら(夏場はなかなかない・・・)、ダビらないようにと祈りながら、地入れをするのです。

う~ん、この湿度との戦いが、この地域で真糊(もち米糊)友禅をやっていく上でのポイントですね。

え?エアコン?
ですよね~。
扇風機と除湿機はフル稼働してますが。。。
エアコン、今の借家では付けられないのです。
建設中の新宅&工房にはやはり必要ですね。

居住空間では、この地域なら今のところ、うちの人達には必要なさそうですが。


涼しくなったし、長男のダジャレ攻撃から開放されたしで、こんな(面倒な)記事もすらすら書けるではないか~。

友禅の工程にご興味のある方は、ホームページの*マルニ友禅工房のことも覗いてみてくださいね♪



~染帯*名古屋帯~マルニ友禅工房

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

スポンサーサイト



 | HOME | 

*マルニ友禅工房*

*カテゴリー*

*最新記事*

*最新コメント*

*メールはこちらへ*

*リンク*

*カレンダー*

*過去の記事*

*最新トラックバック*

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示