スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

仕事始め

昨日10日、マルニはお仕事始めでした。
おそ。

今年一番目の作業はこちら↓

nuka_1.jpg

米ぬかを炒っているところです。
お料理みたいですね。
香ばしい匂いです。

模様に色を挿した後、もち米の糊で模様をみな覆います。(糊伏せ)
で、その上からがーっと一気に地の引き染めをするわけです。(地染め)

糊伏せの後、糊を安定させるためにヌカ粉をふります。
こんな感じ↓

namifuse.jpg

炒るのは虫がわくのを防ぐため。

さあ、今日はこのヌカを使ってお誂え帯の続きだ~。
1月の新作帯は、今週末か来週頭にアップの予定です。




~染帯*名古屋帯~マルニ友禅工房

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

コメント
No title
こんばんは~。

帯を染めるときも自然なものが使われているのですね。
糠も使われるなんて知りませんでした。
大変手間がかかるのでしょうが、このような過程を経て、プリントにはない味わいが出るのですね~。
新作も楽しみです♪
あゆ. URL 2012年01月13日 21:59:43 編集
Re: No title
そうなんです!
ちなみに糊はヌカともち米と塩だけでできてますよ。
地入れ液(染料の浸透力を調整したり、染付けを良くしたり、糊を食い込ませたりするために、全体に引く液体)は、ふのりと呉汁を使い分けています。
ゴム糊や化学性の地入れ液が一般的になっていますが、できるだけ自然なものを使いたいです。
特に糊は、仕上がりから言っても、もち米の方が好きです。
ゴム糊の線が蛍光灯なら、もち米糊の白抜きはろうそくの灯りのような。

天然染料や繭の産地、製糸方法についてなど、心地よくまっとうな染色を目指してこれから少しずつ頑張っていきますね~。
マルニ友禅工房 URL 2012年01月14日 14:31:33 編集

管理者だけに表示する

*マルニ友禅工房*

*カテゴリー*

*最新記事*

*最新コメント*

*メールはこちらへ*

*リンク*

*カレンダー*

*過去の記事*

*最新トラックバック*

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。