スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

白い月見草の染め額の話

白い月見草の額を染めてくださいと、ご依頼をいただきました。

月見草って黄色のイメージが強かったけど。
白やピンクもあるのですね。

その方は、月見草が思い出の花なのだそうです。
少女の頃、農家で忙しかったご両親は、日暮れまでに家に帰ることはめったになかった。
それでご両親は、通りから家までの小道に沿って、ず~っと、月見草を植えてくれていた。
娘が誰もいない家に帰るのに、迷わないように、寂しくないように。

昼から咲いている花でも用は足したのでしょうけど。
日暮れとともに、たくさんの花々がぽつぽつと開いて自分を迎えてくれるなんて。
あたかも明りが灯されるように。

素敵ですね。


で、そのお客様は、大人になって悠々自適な現在に至るまで、ご自分の庭に月見草を絶やしたことがないのだそうです。
ご依頼の白い月見草は、散歩の途中に愛犬さんが見つけてくれたのですって。
なんと一鉢くださいました!

蕾は3つ。
そのうち1つは、
「今晩咲くわよ。」
なるほど・・・。
もうすぐ咲く蕾はこんな風にふっくら大きくなるのね・・・。
そして真っ白な花が、明朝にはピンクに変わっているのだそう。
そしてそのまま萎むのだそう。

おお・・・。
デッサンできるのはひとつの花につき一晩だけなのね・・・。
晩酌が過ぎてはいけないのね・・・。


ばっちりやりましたよ~。
デッサンから図案をおこして実際に染めるのは、まだまだ先になりそうですけど。
お誂え、順に取り組んでおりますのでね♪


↓日暮れ時に真っ白な花が咲いて・・・

548830_178695038928576_787765482_n.jpg

↓明朝にはピンクになって・・・

120629_0643~01

↓しぼんでいきました。

120701_1117~01


・・・不思議。





~染帯*名古屋帯~マルニ友禅工房

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ





コメント

管理者だけに表示する

*マルニ友禅工房*

*カテゴリー*

*最新記事*

*最新コメント*

*メールはこちらへ*

*リンク*

*カレンダー*

*過去の記事*

*最新トラックバック*

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。