スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

昨日のお着物

さて、続いて昨日のお着物です。
と言ってもかなりやっつけの・・・。

サマーウールの着物に独鈷の半幅帯を、お稽古なので背中に沿うカルタ結びに。
短めで心もとなかったので、帯締めも締めました。

kimono3.jpg

かな~り民芸茶屋の雰囲気ですね・・・。
でもこういう素直な着方も、お稽古ならではと思うと楽しいものです。

↓ 着る人によっては、こうなるのか・・・?(T T)。

tannbaakiko.jpg
「髪」 丹波阿樹子

それにしても、サマーウールって単衣頃に着ると認識しておりましたが、違ってますか?
盛夏には暑い気がするし(まあ何着てもだろうけど)、でも9月に着るにしてはかなり透けるんですよね。
物にもよるのでしょうが。
梅雨寒の頃なんてちょうど良いのかしら・・・?

中の拵えはと言いますと、
↓ 干したばかり、お見苦しくて恐縮ですが、汗取りのあしべ織にクレープステテコ。

kimono2.jpg

↓ 長襦袢は、可愛くて思わず買っちゃったコットンレース。

kimono1.jpg

麻のように涼しいわけでも、絹のように裾さばきが良いわけでもないけれど、気軽に着るには良い感じです。

飽きたら何色に染めようかな♪






~染帯*名古屋帯~マルニ友禅工房

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

コメント
No title
こんにちは。
厳しい残暑の中にも、少しずつ秋を感じられるようになりました。
透け感のあるサマーウールは、分類上は盛夏の着物になると思いますが、盛夏に着るには日本の夏が暑くなり過ぎたかも知れません。
ということで、色合いや透け具合を見ながら、単衣の時期にお召しになる方が多いようです。
扱いが楽ですし、木綿や麻のようにシワが気にならないところはいいですね。
お仕事のご紹介記事も楽しませていただきました♪いつか工房にお邪魔したいしたい~と勝手に夢を膨らませています。
わのわ URL 2012年09月06日 14:04:01 編集
わのわさん
ありがとうございます!
やっぱり盛夏ですか。
単衣に準じるならどちらかというと、先取り感のある6月の方が良さそうですね。
でも暑いから、古い長襦袢を濃紺に染めて着たらあまり透けない?などと訳の分からないことも考えています(笑)
ちなみに、お暇な折にでも、今日書いた記事の夏襦袢の素材についても、何かご存知でしたら教えていただけたら大変ありがたいですm(_ _)m
マルニ友禅工房 URL 2012年09月06日 14:34:51 編集

管理者だけに表示する

*マルニ友禅工房*

*カテゴリー*

*最新記事*

*最新コメント*

*メールはこちらへ*

*リンク*

*カレンダー*

*過去の記事*

*最新トラックバック*

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。