スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

夏の初めの紅花摘み

昨日の母つながりで、今日は7月の紅花摘みのこと。

父の四十九日で帰郷した際、ちょうど母の通う紅花学級の花摘みがあるというので、ついて行きました。
マルニの実家、山形県河北町は、江戸時代には全国随一の紅花の産地だったのです。
すぐ近くに、紅花資料館もありますよ♪ →★
紅花染の体験などもできます。

幕末に養蚕や茶の栽培が普及し、明治にヨーロッパから化学染料が輸入されて、一気に衰退したそうです。
が、なんとか細々と命脈を保ち、宮中や皇太神宮の式典で用いられる服装には、必ず最上紅が用いられたとのこと。
それが今また、町の花として指定され、なんとか絶やさぬようにとイベントなども行われているようです。

紅花摘みは夜明け前に始まります。
朝靄で、少しでも棘が柔らかいうちに。

とは言っても痛いこと痛いこと!
上下合羽で、軍手にゴム手袋しててもですよ!

ゴム素材なんて無い頃は、娘達が血だらけで摘んだのだそうです(> <)。
紅花摘み唄を歌いながら・・・。

でも、その景色は絵のように美しい。
手元の上記紅花資料館の冊子によりますと、

1788年 幕府の巡見使に随行した地理学者古川古松軒は、村山盆地を見下ろした印象を次のように書いている。

 この頂より山形の郷中眼下に見ゆ。
 原野大いに開けおよそ十万石もあらんと覚しき所、畳を敷きたる如き田所なり。
 この節紅花盛りにて、満地朱をそそぎたる如く、うつくしきこと何にたとえん方なし。
 かようの土地は上方・中国・西国にいまだ見当たらず。

benibana1_1.jpg

benibana2_1.jpg

benibana3_1.jpg

benibana4_1.jpg

benibana5_1.jpg

benibana6_1.jpg

benibana7_1.jpg

benibana8_1.jpg

benibana9_1.jpg

落ち穂ひろいみたいですね。
だんだんと夜が明けてゆき、遠くの山並みが浮かび上がってくる。
それはそれは美しい時の流れでした。
(娘達ではありませんでしたが。)

摘んだ花は揉んで腐らせて、お煎餅みたいな紅餅にして乾かして、それを京に運んでいたわけです。
最上川を下って、酒田から船で日本海を下って・・・。
米などは、そのまま南下して下関から瀬戸内海にはいり、太平洋に出ていたのですね。
海上の方が効率的だから。
でも紅は、高価で採算が取れるから、日本海から敦賀に陸揚げし、敦賀からは駄送、また船に積んで琵琶湖を渡して大津に運び、淀川を下して京に送ったのだそうです。

京からの帰り荷として、美しい着物に生まれ変わった紅花染や、それらを纏ったお雛様、さらには方言や料理法などもたくさんやってきたようです。
御所文化が雪国で混沌と煮詰められたような感覚が、幼い記憶の隅にこびりついてるような。。。

実家のお向かいには、お蔵が4つあるお屋敷の黒塀がずら~っと並んでおり(座敷牢もあるらしい・・・)、4月の雛祭りには、赤ん坊ほどもある、古いお雛様が飾られたのです。
で、子供達は、
「おひなさまみせてけらっしゃ~い」
と、お菓子をもらいに行くのです。
お屋敷の奥の奥、暗~いお座敷にぼーっと浮かぶお雛様。。。

怖かったなあ。。。
お菓子をもらってるこけしみたいな幼いマルニの写真が、なぜか今も資料として紅花資料館に飾られています(笑)。
今は雛の公開が観光化され、すっかり明るくなってますけどね。

さて現代の河北町紅花学級の皆様は、もちろん紅餅で終了ではなく、染めを楽しまれています♪
数年前、愛しの姪にマルニが被布を染めた時、中に着たのは母が染めた紅花染の着物でした。

tsutsumu3.jpg

紅花染、マルニもやりたいのですけどねえ。
紅は皮膚疾患や婦人病にとても良いのです。
紅の長襦袢なんて、色っぽいだけじゃなくて、とっても実用的なのでしょう。
でも地元といえ紅餅がとにかく高価だし、なのにものすごく退色しやすい。
なので今のところ、母作の帯揚げやスカーフで楽しむ一方です。

そういえば!
紅花と言えば山形とばかり思っていましたが、それ以前、平安時代は、千葉県長南町で栽培されていたんですってね。
お近くではないですか♪
お寺で紅花祭りも開催されるとのこと。
来年は母を連れて参りましょう。

エジプト生まれの紅花が、シルクロードを通って日本まで辿り着き、房総でちょっと根を下ろし、また少し進んで出羽の国にしっかりと根を下ろした。。。
不思議だなあ。
文化とか、宗教とか、民族も・・・、あちこち通り過ぎてって、「ここだ♪」ってところにちゃんと根を下ろすんですね。

体に進入してあちこち行って、なぜか耳下のリンパにだけ腰を下ろす、おたふくウイルスにも似ている。。。




~染帯*名古屋帯~マルニ友禅工房

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

2012年09月07日 | Comments(7) | Trackback(0) | 草木染
コメント
村山
まさか村山のご出身ではないですよね。あそこの碁点。村山へ行く時の定宿でした。知人のご両親が311でお亡くなりになり、宮城では荼毘にふす施設がなく、村山の知人にお世話をお願いして尾花沢まで行きました。
最近、どっかでサクランボが送って来てたって書いていましたが、送り主は村山市役所でしたよ。
懐かしいですね~
赤い風車 URL 2012年09月08日 15:47:48 編集
ごめんなさい
早とちりでした。河北のご出身ですね。失礼しました。
赤い風車 URL 2012年09月08日 16:08:08 編集
赤い
はい、河北町の出身です*(^ ^)*。
村山とも隣接してるんじゃなかったかしら。。。?
村山、碁点、尾花沢、宮城・・・、全て何かしらの思い出のある、懐かしい地名です。
ちなみに私の姉は仙台のお寺に嫁に行っているのですが、3.11後に寺で見聞きしたことは本当に辛かったようです。
お世話してくださって尾花沢で荼毘にふされたとのこと、なんというか、とてもありがたい気持ちがわいてまいります。
マルニ友禅工房 URL 2012年09月08日 21:32:25 編集
こんばんは~♪
紅花摘みのお写真、遠くの山が神々しくて素敵な写真ですね~。
姪御さんの紅花染めの着物の色も素敵です♪

実はもうずーっと前にもらって使えず仕舞いだった山形産の乾燥紅花があって、使用方法には「紅花酒や紅花茶など」と書いてあるのですが、これは紅花染めにも使えるものでしょうか?
見た目は乾燥のサフランのような感じです。
なにせ2006年産なので、食用には厳しそうで^^;
草木染めにしようと思って買っておいたシルクのストールがあるので、もし可能であれば紅花染めができたらいいなと思っています。
あゆ. URL 2012年09月09日 23:13:25 編集
あゆさん
ありがとうございます*(^ ^)*
母に聞いたら、乾燥紅で染められるそうですよ。
紅餅を使った染め方と同じだそうだから、炭酸加里などが要るようです。
シルクの紅花染ストールは、ほんっっとうにあったかいですよ!
詳しい染め方が必要な時は言ってくださいね。
河北町婦人文化教室紅花学級のプリントFAXしますよ♪
マルニ友禅工房 URL 2012年09月10日 21:09:11 編集
集散地
はじめまして。
埼玉県桶川市というところに住んでいます。桶川の市の花も紅花です。
なぜかと言うと、江戸時代は桶川も山形方面に次ぐ紅花の産地で、集散地でもあったから。桶川では山形より早く収穫でき、中山道の宿場町でもあるため、取引が盛んだったのですね。
20年近く前、この地に越してきた頃はそれほどでもありませんでしたが、最近町おこしで紅花が見直され、ちらほら畑もできました。今や、公共施設は○○紅花会館、○○紅花館など、紅花尽くしです(笑)
Sae URL 2012年09月20日 14:26:17 編集
Sae様
コメントありがとうございます(*^_^*)
桶川市も紅花でしたか!
調べたら他にもありそうですね~。
山形県河北町でも、文化技術保存のために、そして観光化のために、いろいろ頑張ってるようです。
お土産屋さんに行くと、何でも紅花○○です(笑)。
紅花染めを産業として成り立たせるのは難しいんでしょうね。
伝統工芸は何でもそうなんでしょうけど。
摘んでみて本当に参りました(>_<)




マルニ URL 2012年09月21日 21:16:21 編集

管理者だけに表示する

*マルニ友禅工房*

*カテゴリー*

*最新記事*

*最新コメント*

*メールはこちらへ*

*リンク*

*カレンダー*

*過去の記事*

*最新トラックバック*

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。